BLOG

8月6日と7日の二日間、「BRM療法ベーシックセミナー 上肢肩甲骨編@東京」を受講してきました😄 

 『手を添えるだけで骨のゆがみがなおる』PHP研究所刊(2008年)の著者である吉田邦夫先生創案の療法です。 

 《日本BRM療法協会公式ページ》 http://brm2016.com 

今回のセミナーでは、「各関節痛、運動障害、肩関節痛(四十肩)、肘痛(テニス肘)、腱鞘炎、ばね指、しびれ、肩こり」などの症状に関連する部位の学習をしました。
(肩甲骨・肩関節・肘関節(橈骨・尺骨)、手関節(舟状骨・月状骨)、三角骨、釣状突起、大菱形骨、豆状骨、上位肋骨)

 「動き」を解剖学的に実況中継しているような吉田先生の講義は、聞いていてワクワクしました!!その圧倒的な知識と経験に脱帽😳 ‼️ 

「身体の中を正確に把握し、イメージするためには、きちんとした解剖学・生理学の知識が必要」なんだ〜!!と痛感しました。
これまでは、本を開くとすぐ眠くなるタイプでしたが、心を入れ替えて精進したいと思います✨ 

吉田先生が毎年誕生日のたびに会いに行くという、 ロダンの「考える人」のポストカード。

講座の最後にジャンケンを勝ち抜いて一枚いただいたのですが、裏に書いてあった先生直筆の禅語に感動… 

 「明珠在掌」(みょうじゅたなごころにあり)ー 明珠(計りしれないほどの価値ある宝)は、あなたの掌にあるのですよ    … 😭 

身体が持つ本来の機能が働くように無理なく促し、自然治癒力UPに役立つような自分でできるケア…

「これは!」とアンテナに引っかかったものを自ら実践し、

「続けるとどんなことが起こるのか」「どんな感じなのか」「どうしたら日常生活に取り入れやすいか」など、いろいろ気になることを検証しながら、日々味わい、研究してきました。


FacebookやTwitterに時々インプレッションなど書き留めてきましたが、こういうことを発信する場をいつか作ろうとずっと思ってきました。

そしてやっと、そのためのブログを作りました😄


「温かい手」のセルフケア・ノート

とりあえず、過去に書いた記事をぼちぼち移植しつつ、新しい記事も書いていこうと思います。


「やってみようかなー」というものがあったら、是非試してみてください。

随時更新していきますので、よろしくお願いいたします😊

7月15日(金)、小関勲先生「ボディバランスカンファレンス」@TCアカデミー に初参加してきました!


すでにバランスボードを活用されていらっしゃるアスリートの方々、

これからボディバランストレートレーニングを取り入れて活用されたい方々、

インストラクター、現役のドクター、治療家、介護職や理学・作業療法士、

指導者の方々など専門的な立場の方々の為の講習会です。(TCアカデミーブログより)」…っていうことだそうで、ワクワク!


今日は少人数で、先生を囲んでのびのびと贅沢な時間を過ごせました😊

最新ヒモトレ情報や、問題の発見・解決のためのエッセンス、各自の検証結果や新たな発見などの意見交換etc.、今回もたくさんの収穫がありました✨


今回、いちばんの盛り上がりはとっても機能的な「ヒモパン」‼️(注:正式名称ではないかもしれません😅)見た目はちょっと恥ずかしいんですが、ヒモパンして動いてみると、「お!?」って感じの変化が!すぐに楽しくなってきますよ😁 

あと、「天使の輪」あるいは「ねじりはちまき」または「花かんむり」!?またこれも正式名称を聞き忘れたのですが、「頭に載せる」のもいろんな可能性がありそう😇

富士山に登る時、是非ヒモトレをいくつか試してみようと思ってます🗻


ヒモトレは、「やっててなんか楽しい」「やってるうちになぜか楽しくなってくる」みたいなところが大好きなのです

実際に講習会に行って体験されることをオススメします🎵

興味のある方、是非声をかけてください

一緒にやりましょう💓

リニューアルといっても、もともとちゃんとしたサイトがあったわけではないのですが…💧

取得してから2年以上も放置してしまった独自ドメインが、やっと日の目を見ました🎶

「温かい手」ホームページのURLは

✨ http://atatakai-te.com ✨ です!

どうぞよろしくお願いします😊


先日、数年間お世話になった介護現場でのお仕事を卒業させていただきまして、

7月からは「温かい手」として活動できる時間が大幅に増やせる!!ということで、蟹座の新月のタイミングに合わせてリニューアルOPENってことにしようと、数日間PCの前にはりついて、今まで手つかずだったホームページを仕上げてみました。

何とか形になってよかった〜!😆


これを機に、「ボディケアセラピスト&セルフケアファシリテーター」として、本当にやりたかった仕事に本腰入れます!!


「年齢や性別に関係なく、適切にケアされれば、身体はよりいい感じの状態に戻っていく」んです(たぶん「ココロ」もね(^_-))🌟

なかなか改善しない不調を抱えている方、あきらめないで!


ご予約・お問い合わせ、お待ちしております💓






(40代・女性)

「痛みの箇所が原因ではなく、思いもよらない箇所かもしれないことに驚きました。

施術は足首からふくらはぎに、優しい負荷にもかかわらず、しかしほぐれてゆく。そして、コリの箇所で手がとまるところは心地の良いものでした。

下半身をほぐすことで、連動している背中や腰まで「じんわりビリビリ」とほぐれることに感動を覚えました。

汗のかき方や身体の状態を理解してくださっており、アドバイス通りの体の変化が起こったときに、「ほんとだ~」と楽しみに受けとめることもできました。

無理に負荷をかけずとも、ほぐせる技術に感動しました!!

今まで疲れや緊張をかなり貯め込んでいたせいか、翌日は全身にだるさ、重さを感じましたが、好転反応のことは事前の説明で聞いていたこともあり、不安には感じませんでした。

すぐにだんだんスッキリとしてきて、今はもう全然大丈夫です!

施術後にいただいた日常生活のアドバイスを意識しながら取り入れたいと思います。」

 最近トシを取ってからというもの、いろいろな形の疲れを感じる。若い時のように運動によって肉体が疲れるということではなく、色々なところがカタカタになるって云う感じでね・・・。

 このような施術(疲れ直し、筋肉の運動、位置直し、身体の作用、血流の改善と云うモノが実に巧みに組み合わさり、上手にそれを利用することで疲れが取れる清涼感を得ることが出来る)、これをなんと名付ければよいのか判らないが、今まで受けたことがない「自らも参加しながら、手伝ってもらいながらやる疲労回復術」だね。

 ただやるだけではなく、足をこうするとこんなところが血流が良くなって、なんて説明されながらやるとより理解が深まって善くなったような気がするでしょ?! 「何でもやってもらえる」、しかも「それを期待している」という他力本願的なケースが多い中で、自分で「能動的に行なう」という部分があることで、逆に自信に繋がるのだと思うよ。(三本和彦様・86歳)


【 利用者の言葉 】

 2012年末の三本は、あまり歩かないせいか足が異様にむくみ、アトピー性皮膚炎のような症状が出始めました。膝から下は表面が真っ黒にひび割れ、まるで松の幹のようになってしまったのです。原因もよく判らないまま入院、取り敢えず表皮はステロイド軟膏に抗生物質の処置を続けていました。

 カサカサの皮膚や湿疹などの不具合は一ヶ月ほど続き、反応や記憶力は鈍り、話の辻褄は合わない・・・、このまま認知症になってしまうのかと思われるほどの衰えに、半ば諦めの気持ちになっていた頃、都ちゃんから“オイルトリートメント”の勉強をしたいので、誰か施術モデルになってくれる人は居ないか。と相談を受けました。 

 オイルトリートメントと云えば「若い女性の エステ」と相場が決まっているもので 「まさか年寄りの施術は無理だし、嫌だよね ?!」と聞いてみると、「高齢者福祉施設で専門の施術もしているよ」 との頼もしいお返事 !! 藁にもすがる思いでお願いして見ることにしました。

 2013年3月より開始、足浴やトリートメントなど脚を中心にしたケアのほか、丁寧な問診を経て全身の整体にまで及んだ施術は、下半身の血流のみならず頭の血の巡りまで善くなっていることを日に日に実感しました。同じことを二回以上繰り返して話したり、良く通った店をまるで忘れてしまうことも最近はなくなり、車の運転も心配が無くなりました。

 何が驚いたかと云えば、あんなに真っ白だった髪が最近では黒くなってきたこと、加えて肌艶もよくなっているので、一年前に逢った人たちが異口同音に 「あれ ?! ミツモトさん急に若返ったんじゃない ??? 」 「正直、前回逢った時には“これで最後かな”って思ったけど、我々の方が先に逝っちゃいそうな勢いだね 」 と驚きます。

 その証拠の写真ですが、これは造り物ではありません。足の健康法でここまでの回復をした実例として認識して頂ければ嬉しいです。

(写真・文 三信工房 畠田冴子様)

※2013年より、定期的に施術させていただいております。

 2016年12月のお顔を追加しました。

 86歳を迎えられましたが、とてもお元気に過ごされています。

 髪の毛もますます黒くなり、肌ツヤも良くなり、今までの写真の中でもいちばん若々しく見えます。

●私の母(73歳)

頭を支えられた時、「私の頭重いだろうな」と思わず力が入ってしまった。

「力を抜いて!」と言われて…、その後、支えられていることを忘れてしまうほど、軽くなった。

だんだん首すじ、背中、足先などが温かくなったよう!

急にそけい部に痒みのような感じが二、三回走り、思わず掻いてしまった。血液が循環しやすくなったということ。

いろいろな問いかけに答えようとがんばったが、すっかりリラックスしていて、眠ってしまったよう。

今まで気になっていた頭、背中、腰の違和感がなくなっていて、終了した時は、とても気分がすっきりしてよかった。


●80代の女性・C様

「昔、母がリューマチですごく苦しんでいたのを見て、「ああ、私もいつかこういう風になるんだわ」ってずっと不安を感じていたの。心配なことがいろいろあって、毎晩足がひどくつるようになって、辛くて怖くてたまらなかった。」

「でも、施術を受けるようになって、身体のことをいろいろ説明して下さったり、私の話を聞いてもらえたりするようになったら、最近とても調子がいいの。気分も明るくなって、救われた気分よ。ありがとう!」


2014年12月7日・14日(日)の足首回しワークショップに参加された方に感想をいただきました(^-^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50代女性 Y・S 様

「肩凝り歴40年、慢性運動不足。空いた時間に気楽に解消できる術はないかーとは都合のいい話ですが、今回のワークショップはそんな私にぴったりでした。

指導していただいた足指や足首のケア、自分の身体と対話しているような優しい気持ちになれました。肩凝り緩和の簡単なストレッチ?も即効性があるので、すすんでヤル気になりそうです。

楽に楽しく2時間が過ぎました。身体全体がリラックスできて軽くなり、温泉に入ったみたいな心地良さ……あ、それに加えて驚きが!ワークショップ後の立ち姿が開始前とまるで違っていました。背中の自然なカーブとヒップアップ!繰り返します、ヒップアップです。

え!なんでこうなったの⁈ 自分の身体、まだまだ頑張れるかも!

最後は喜びの大笑いで終了させていただきました。感謝です。」


40代女性 H・Y 様

「足首回しワークショップから早一週間がたちました。

あれから毎日、朝もしくは寝る前に足首回したりしておりまする。

朝起きた時の身体の凝りが、不思議となくなったよ。朝から身体凝ってると、がっくりしていたから、すごく感謝です!

人にやってもらうのもいいんだけど、自分で出来るっていいよね。

ぜひまたワークショップやってほしいです。また参加したいです。

というか、もっとみんなに広めたいなーなんて。」

●働く女性・A様

「仕事が忙しくて、なかなかゆっくり休む暇がなくて。肩や背中がこり固まってしまって、頭痛もひどくて、何年もの間、とっても辛かった。お医者さんに行ったら、「筋肉を柔らかくする薬」を出してくれたけど、いろいろ副作用があって抵抗があった。だけどそれでも辛いから、飲むのをずっとやめられずにいたの。」

「それが、施術を受けてから一週間経つけどすごく調子が良くて、その薬を飲まなくてもいられるようになったの。ありがとう!」


●働く女性・B様

「定期的に施術してもらうようになってから、腰や股関節に激しい痛みを感じることがなくなりました。以前は、酷い時には外出できないくらい痛くなることがよくあったのに。そういう痛みが減って来たら、以前のような考えすぎや思考の堂々巡りがなくなって、リラックスできる時間が増えた気がします。仕事でもあまりストレスを感じなくなってきたかも。」


●蝋彫刻師(男性・40代)

都さんの施術を今までに3回してもらいました。それは私にとっては未知の体験で、全く今までに経験したことのない感覚だけの世界に連れていかれたような不思議な気分でした。皮膚を通し、筋肉を通過し、神経のもつれをときほぐされたような気分でした。普段彫刻を作っている私にとっては、自分が粘土になった気がして、粘土がこねられている状態というのはこういう気分なのかもと思いました。

研究熱心な都さん、これからもますます精進してください。


●イラストレーター(女性・40代)

何より嬉しいのは、それぞれのライフスタイルを尊重しながら、丁寧に相談にのってくれて、具体的な対処法を教えてくれることです。施術の感触を元に、こちらの不具合をどう改善していくか、作戦会議の様に一緒に考えて下さるから、「あっ」と手を打ちたくなる様なことに思い当たり、いろいろ合点がいくのです。

2年前、左足の付け根が酷く痛む生理痛に悩まされ手術をしました。医師は、いくら手術で除去しても子宮筋腫は増えるから、それを防ぐために一刻も早く妊娠した方が良いと言います。最近の女性に婦人科系疾患が多いのは妊娠しないから負担がかかるのだという話も、確かに一つの要因かもしれません。でも本当に、それだけなのでしょうか?

私の場合、そもそも行儀が悪く立て膝ばっかりしていた。そして仕事柄、今でも長時間立て膝をしていることが多い。そんなことをしていたら血も滞るから、まずはそこから改善していけば良いのではないか。

世間の常識に惑わされて、そんなシンプルな要因一つ発見出来なかったことに目ウロコで、妙なプレッシャーから解放されました。

昨年、内膜症を抑える薬を飲むのを止めてから、生理痛が復活していたのですが、教えて頂いた体操を続け、お薦め頂いた布ナプキンを導入したら、2ヵ月くらいで生理痛もなくなりました。

自分で気づくことが大事。体の状態を意識して自ら改善していけば、自然と自助能力が高まるという、都さんの考え方を実感して、とても共感しています。少しでも自力で良くなれると、それだけで気持ちも明るくなり、ひいては人生も上手くいくのでは?なんて思えてきたり。

そんなハッピーな気持ちにさせてくれる都さんを、かなり頼りにしています。